充実した週末が待っている時の平日のモチベーション

は、異常。

次の金曜日に、ついにニューヨーク一人旅へ!!
この土日は色々計画立ててました。

次の金曜まであと4日あるけど、正直頑張れる。
こんなに楽しみな事が待っている1週間は経験した事ないかもしれない。
逆に、このNY旅行が終わったら絶望しそうw

週末に、楽しみでしょうがないものがあると、平日も頑張ろう!って思える。
趣味が充実している人はメリハリが出て仕事も出来る、ってのはその通りかもしれないな。
活力が出てくる。
NY旅行並に楽しみな事が毎週あれば理想だよなー。
・・・ちゃんと考えれば不可能ではないなぁ。というか、考え方次第で何でも楽しみになるけれど。

ny.jpg

どっか出かけたり。なんか行動してみたり。
行くだけで楽しい事が待っているような、そんな事が。

んー、何か掴めそう。
スポンサーサイト
[ 2017/08/06 22:38 ] 日記 | TB(0) | CM(3)

はい

今朝は転職サイトを血眼で見ていたのに
仕事が上手くいったので帰り道はウキウキで仕事楽しいな~とか思っちゃってるアタシってホントバカ・・・♥

でも仕事ってそんなもんなのかもね。
仕事わかるようになって楽しくなってきたら色々上手く回り出すのかな。
[ 2017/07/25 23:35 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

旅行を通して

最近、旅行に行く面白さを感じてます。

元々旅行には興味がなく、特に海外なんてもってのほかでした。
面倒というか、行ってなんなの?って。

しかし、3月末に友人と大阪旅行をしてから、なんだか見知らぬ土地を歩く面白さに旅の良さを感じました。
行った先に、何か面白い事がまっているのかも。

その翌週には一人で大阪を再訪。
現地で出会った人々と、飲み明かしました。




そしてゴールデンウィーク、ついに海外へ。
場所は、台湾。



台湾のイメージは、綺麗で、親日で、飯がうまくて安い!
しかし、実際は
臭いし汚いし、大して安くもなければ飯はピンキリ、観光する場所も少ないなあ、とか思いました。ボロクソw

しかし、帰りの飛行機内で振り返ってみると、その「予想より悪かった」面も、また新たな発見だと。
そして、日本と比較するんです。

以下、飛行機内で書いたメモ。



海外から改めて日本を見ると、こんなにも沢山の良いところがある!

外国人がどんな所を見に行くのか、気になって調べてみると、日本人として過ごしているのに知らなかった観光地が山ほどある。

自分がツアーガイドだったとして、外国人に日本の良さを教えるなら、どうする?


そう考えると、日本人に生まれながら、日本の事を少ししか知らないって事に気づく。


外国人にとって、観光地は大きな枠で捉えている。「台湾人」「小籠包」「九份」
日本なら、スカイツリーや古都、秋葉原や渋谷のスクランブル交差点。
=日本独自のもの

一方、日本人も日本の観光はする訳で、
どういった所に着目して観光地選びをしているのか。それは、外国人よりさらに細かい所にある。
方言や、うどんラーメンの味の違い。微妙な変化。
=日本独自からさらに分岐




現地では、観光ブックに書いてない夜のお店とか、穴場とか、そういう「生の情報」を知りたいがために、日本人に話しかけたりネットで検索したりしてました。
台湾に友達とか居たらなぁ、なんて思って。


日本でそういった役目を担ってるのか
渡航者向けのボランティアか。
そういうのもアリだなー。
[ 2017/05/21 21:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

理不尽を耐えるか。




部活の理不尽な仕打ち。
罵倒され、泣きながらでも部活に居続ける。
でも、そんな理不尽が、社会で何の役に立つのか?
それは、居場所を勝ち取る為の精神を培ってるのだと思う


社会に出ると、出来ない事ばかりで、上司やお客さんに怒られ、自分が嫌になる。
しかしそこで、現状を打破できないと、無能のレッテルを貼られ、自分の居場所がなくなる。
人は居場所を求める。会社、部活、バイト、家、さらには社会に。
そこで、逃げるのか、勝ち取るのかそれは自分が決めればいい。
しかし、勝ち取る事を決めたからには、痛みに耐えてでも、勝ち取る努力をしないといけない。
その勝ち取る努力は、優しいものではないだろう。
出来ないことを出来るようにすることや
耐える事を強いられることもある。
時には涙を流しながら多くの人に醜態を晒すこともあるだろう。

しかし、自分で居場所を勝ち取る事を選んだのなら、なんとしてでもしがみつかないといけない。
部活の理不尽なしごきは、その縮図である。

何かが嫌になって、逃げ出したい恐怖に駆られていても、「やってやろうじゃねえか」という気にさせるのは、必死に居場所を勝ち取ろうとした経験があるからだ。

理不尽を肯定している訳ではない。体罰など過度な指導は無くすべきだ。
しかし、居場所を勝ち取りたいのなら、自分で努力し、掴むしかないんだ。
[ 2017/05/16 23:07 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

有意義な時間、とは?

この土日。
いつも通りほとんど予定の無い日であった。

唯一あったのも、昨日の夜、大学の友人と2年ぶりに再会し、軽い飲み会をしたくらいだ。
内容としてはあまり取り止めのない話だったが
唯一彼が話した何気ない一言が俺の中で引っかかった。

「俺も暇な時は、先輩が家に来てゲームして、何の生産性もない日ばっかりだよ」

この「生産性のない」という言葉に、俺はずっと引っかかりを覚えていた。
何か、自分の暇を打破する、手がかりがあるんじゃないかと。


自分の余暇を振り返ってみよう。
何もやる事が無くて、やる気も起きない。
とりあえず外に出て、散歩をしている。
映画や漫画を見ようとしても、「もっと有意義な事があるはずだ」と思って、躊躇する。
そう、俺は、余暇を有意義に使い、自分を変化させたいのだ。

もしも、余暇が訪れる度、有意義なものが自分に与えられるものだとしたら、その蓄積は一年間で大きな物になっていくだろう。
では、俺にとって、何が「有意義」なのか?
言うなれば映画を見る事だって本を読むことだって、散歩をすることすら有意義ではある。

おそらくそこに「思考」があるか、だろう。。


改めて考えてみれば。
普段はただ、情報を傍受するだけ。
ニュースが流れていても、事実だけ知って、終わり。
世の中には理不尽な出来事や、怒りが抑えられない程胸糞の悪いニュースが
腐る程あるというのに、俺は、それに「自分の意見」を持った事がない。


今それに気づいて、
SNSで流れてきたセンセーショナルな炎上動画について考察してみたが
ひどいとか仕方ないとか、安易な言葉しか出てこない。
自分を表現するボキャブラリーを持ち合わせていない。(成長っていう曖昧な言葉は嫌いなくせに)
あっ、だから本を読んだり他の人の意見から、自分の意見を形にしてくれる言葉を探すのかな!
それは「受け売り」かもしれないけれど、取捨選択しているのは自分だから個性と言えるでしょう。


余談だが、
俺は、昔から作文の文字を埋めるのが得意だった。
本質は短いのに、先生が喜びそうな言い回しや、無駄に文字数を増やせる接続後などでマスを埋める。
そうして、原稿用紙を増やしていく事が好きだった。
だからブログやSNSで文字に起こす時っていうのは、割と頭を使ってない。
自分なりに考えたり本を読んだりして、自分の意見として固めてから書き起こしたいものだ。


まとめると
余暇を充実させるのは有意義な時間であり、
それは、様々な事象に対し思考し、自分の意見を持つ事である。

自分の意見を持ったら、さらに発展させてもっともっと知る。
その先には??
どこかで形にしたいと思うなぁ。絵でも、文章でも。
[ 2017/05/15 00:16 ] 日記 | TB(0) | CM(0)